パワーアップジャパンは自動車用化学製品の製造と販売、自動車関連用品の企画開発を行っております。
パワーアップジャパン株式会社
サイトマップ
トップページ 新着情報 製品情報 会社情報 お問い合わせ

第4次産業革命(AIとIoTとロボット化(自動化、無人化))技術 〜【4】国際特許分類 B3(マイクロ構造技術;ナノ技術)、C(化学;冶金)、D(繊維;紙)、E(固定構造物)編〜 技術開発実態分析調査報告書■パテントテック社 

■編集者:インパテック株式会社
■発刊日:2018年9月3日
■資料体裁:A4判、184頁、簡易製本
■ISBN:978-4-86685-045-0



★他社の技術開発の実態を把握し、勝ち抜くためのエッセンス


■本誌の特徴等

はじめに

【国際特許分類B3 について】
・B3(マイクロ構造技術;ナノ技術)
 ┗ マイクロ構造技術;ナノ技術(B81,B82,B99)

【国際特許分類C について】
・C(化学;冶金)
 ┣ 化学(C01,C02,C03,C04,C05,C06,C07,C08,C09,C10,C11,C12,C13,C14)
 ┣ 冶金(C21,C22,C23,C25,C30)
 ┗ コンビナトリアル技術(C40,C99)

【国際特許分類D について】
・D(繊維;紙)
 ┣ 繊維または他に分類されない可とう性材料(D01,D02,D03,D04,D05,D06,D07)
 ┗ 紙(D21,D99)

【国際特許分類E について】
・E(固定構造物)
 ┣ 建造物(E01,E02,E03,E04,E05,E06)
 ┗ 地中もしくは岩石の削孔;採鉱(E21,E99)

・AIとは
 人工知能(artificial intelligence、AI)とは、「計算機(コンピュータ)による知的な情報処理システムの設計や実現に関する研究分野」を指す。
 (人工知能 Wikipedia より抜粋・引用)

・IoTとは
 モノのインターネット(Internet of Things、IoT)とは、様々な「モノ(物)」がインターネットに接続され(単に繋がるだけではなく、モノがインターネットのように繋がる)、情報交換することにより相互に制御する仕組みである。
 (モノのインターネット Wikipedia より抜粋・引用)

・ロボットとは
 ロボット(robot)は、人の代わりに何等かの作業を自律的に行う装置、もしくは機械のこと。近年では無人機「ドローン」を半ば自律化させたものも存在し、自動運転車の実現が視野に入ってきており、SFの世界が現実のものとなりつつある。
 (ロボット Wikipedia より抜粋・引用)

1.調査目的
 「第4次産業革命(AIとIoTとロボット化(自動化、無人化))技術で国際特許分類 B3(マイクロ構造技術;ナノ技術)、C(化学;冶金)、D(繊維;紙)、E(固定構造物)」に関する公開件数、出願人(共同出願人)、発明者、特許分類、キーワードなどに対し、ランキング、時系列推移、技術分布図など様々な観点から分析したパテントマップおよび、パテントチャートを作成し
 (1)どのAIとIoTとロボット化(自動化、無人化)の製造関連企業にどのような技術の公開があるか、
 (2)各企業の技術開発動向はどのように推移しているか、
 (3)最近10年余における関連技術の消長はどのようになっているか、
 (4)各技術におけるキーワードの消長はどのようになっているか、
 (5)この分野に強い弁理士(特許事務所)と企業の利用状況はどうか、
等を明確にして、今後の開発の指針決定に役立てようとするものである。

2.特許情報の収集方法
 本調査報告書は、「第4次産業革命(AIとIoTとロボット化(自動化、無人化))技術で国際特許分類 B3(マイクロ構造技術;ナノ技術)、C(化学;冶金)、D(繊維;紙)、E(固定構造物)」の最近10年余(国内公開日:2008年1月1日〜2018年2月28日)に及ぶ公開特許について検索、収集した。
また、報告書作成には、パテントマップ作成支援ソフト「パテントマップEXZ」(インパテック(株)製)を使用した。
特許情報公報の総数は 5,521件 である。

3.報告書の構成
 本報告書は、次の二つの部分から構成されている。
1.パテントマップ及びパテントチャート編
 A.全般分析
 B.AIとIoTとロボット化(自動化、無人化)比較分析
 C.AI詳細分析
 D.IoT詳細分析
 E.ロボット化(自動化、無人化)詳細分析

2.総括コメント

4. 本報告書の特徴
● 「第4次産業革命(AIとIoTとロボット化(自動化、無人化))技術で国際特許分類 B3(マイクロ構造技術;ナノ技術)、C(化学;冶金)、D(繊維;紙)、E(固定構造物)」に関する最近10年余の技術動向が分かりやすく把握できる。
● 本技術分野に関係する弁理士(特許事務所)の動静が読み取れる。
● パテントマップ・パテントチャートで視覚的に理解しやすい。



I.パテントマップ及びパテントチャート編

A.全般分析

 「テーマ」の全体動向について
  ・技術開発ライフサイクルを分析するマップ
  ・公開件数推移のマップ
 の2マップを掲載。

B.AIとIoTとロボット化(自動化、無人化)比較分析

 AIとIoTとロボット化(自動化、無人化)を比較分析するための
  ・件数推移、出願人数推移、新規発明者数推移、各新規技術分類数推移のマップ
  ・各技術の出願人、発明者、各技術分類ごとの公開件数ランキングマップ
  ・各技術の技術分類による出現・消失状況マップ
  などの35マップを掲載。

C.AI詳細分析

 C-1.AIに関する上位20出願人を比較分析するための
  ・上位20出願人の件数、共同出願人数、新規発明者数の累計推移を比較するマップ
  ・上位20出願人と上位20技術分類の相関マップ
  ・上位20出願人の審査権利状況
 などの7マップを掲載。

 C-2.AIに関する上位20FI、上位20Fタームを分析するための
  ・前期間、後期間による技術分類の公開件数比較マップ
  ・技術分類別の出願人数、発明者数比較マップ
 など10マップを掲載。

 C-3.AIに関するキーワード分析
  ・キーワードの出現・消失状況を分析するマップ
  ・キーワードの伸長率を分析するマップ
 の2マップを掲載。

 C-4.AIに関する弁理士(特許事務所)の動向分析
  ・弁理士別の公開件数ランキング、公開件数推移マップ
 などの2マップを掲載。

 C-5.AIに関するパテントチャートでは、特定出願人を指定し、出願人における
  ・公報図等を含む時系列チャート、Fターム分類と発明者のマトリクスチャート分析
  ・特定Fターム分類の技術分類マトリクスチャート
  ・注目特許のサイテーションマップ
 など4マップを掲載。

D.IoT詳細分析

 D-1.IoTに関する上位20出願人を比較分析するための
  ・上位20出願人の件数、共同出願人数、新規発明者数の累計推移を比較するマップ
  ・上位20出願人と上位20技術分類の相関マップ
  ・上位20出願人の審査権利状況
 などの7マップを掲載。

 D-2.IoTに関する上位20FI、上位20Fタームを分析するための
  ・前期間、後期間による技術分類の公開件数比較マップ
  ・技術分類別の出願人数、発明者数比較マップ
 など10マップを掲載。

 D-3.IoTに関するキーワード分析
  ・キーワードの出現・消失状況を分析するマップ
  ・キーワードの伸長率を分析するマップ
 の2マップを掲載。

 D-4.IoTに関する弁理士(特許事務所)の動向分析
  ・弁理士別の公開件数ランキング、公開件数推移マップ
 などの2マップを掲載。

 D-5.IoTに関するパテントチャートでは、特定出願人を指定し、出願人における
  ・公報図等を含む時系列チャート、Fターム分類と発明者のマトリクスチャート分析
  ・特定Fターム分類の技術分類マトリクスチャート
  ・注目特許のサイテーションマップ
 など4マップを掲載。

E.ロボット化(自動化、無人化)詳細分析
 E-1.ロボット化(自動化、無人化)に関する上位20出願人を比較分析するための
  ・上位20出願人の件数、共同出願人数、新規発明者数の累計推移を比較するマップ
  ・上位20出願人と上位20技術分類の相関マップ
  ・上位20出願人の審査権利状況
 などの7マップを掲載。

 E-2.ロボット化(自動化、無人化)に関する上位20FI、上位20Fタームを分析するための
  ・前期間、後期間による技術分類の公開件数比較マップ
  ・技術分類別の出願人数、発明者数比較マップ
 など10マップを掲載。

 E-3.ロボット化(自動化、無人化)に関するキーワード分析
  ・キーワードの出現・消失状況を分析するマップ
  ・キーワードの伸長率を分析するマップ
 の2マップを掲載。

 E-4.ロボット化(自動化、無人化)に関する弁理士(特許事務所)の動向分析
  ・弁理士別の公開件数ランキング、公開件数推移マップ
 などの2マップを掲載。

 E-5.ロボット化(自動化、無人化)に関するパテントチャートでは、特定出願人を指定し、出願人における
  ・公報図等を含む時系列チャート、Fターム分類と発明者のマトリクスチャート分析
  ・特定Fターム分類の技術分類マトリクスチャート
  ・注目特許のサイテーションマップ
 など4マップを掲載。

II. 総括コメント
参考資料
【資料1】出願人統合リスト
【資料2】パテントマップ・パテントチャートの種別と見方











FALCONシリーズ
POWERSシリーズ
PUJシリーズ
PUJシリーズ
製品開発企画開発
ISO9001認証取得
ISO14001・9001認証取得

第4次産業革命(AIとIoTとロボット化(自動化、無人化))技術 〜【4】国際特許分類 B3(マイクロ構造技術;ナノ技術)、C(化学;冶金)、D(繊維;紙)、E(固定構造物)編〜 技術開発実態分析調査報告書:パテントテック社 - a8c1b

2019-08-08
カテゴリトップ > パテントマップから見た特許情報分析資料 > 技術開発調査報告書(注目技術別)
価格
43,000円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で 対象エリア外へのご注文は、毎日 15:00までのご注文で翌日の配達となります (あす楽)
2〜3日以内に発送予定(店舗休業日を除く)
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

Copyright (C) 2007 PowerUpJapan.Inc. All Rights Reserved.